今日の国内市況:株式は小反落、債券小幅高-ドルが対ユーロで下落

日本株相場は小幅反落。米金融 引き締め懸念を背景にした海外商品相場の先安観測の広がりから、鉱 業や商社、非鉄金属など資源関連株が下げた。為替相場の円高基調を 嫌気し、トヨタ自動車やファナックなど輸出関連の一角も安い。

日経平均株価終値は前日比48円37銭(0.5%)安の1万352 円10銭。TOPIXは同2.38ポイント(0.3%)安の907.37。東 証1部33業種は、23業種が下落、上昇は10だった。

東証1部の騰落銘柄状況は、値下がり銘柄数859、値上がり653 と全体の5割が下落。売買代金は1兆1608億円と、前日(1兆 2289億円)から6%減少、相場は盛り上がりに欠けた。

連邦準備制度理事会(FRB)が18日に公定歩合を引き上げて 以来、投資家は様子見姿勢を強めている。米国はドル高政策の下、金 融引き締めに動き出したとの見方が出ており、重要経済指標の内容が 見守られている。仮に経済指標で米景気の回復が示されなければ、利 上げの方向性は相場にとってマイナスになるためだ。今週は、米国で ケース・シラー住宅価格指数、新築住宅販売件数など重要経済指標の 発表が相次ぐだけに、積極的に売買を手掛ける向きは少ない。

こうした中、下げが目立ったのが資源関連株だ。22日のニュー ヨーク商業取引所の金先物相場は前週末比0.8%安と2週間ぶりの大 幅安。銅先物相場は同1.5%安、原油先物相場は同0.4%高で終えた が、時間外取引で一時0.4%下げた。米金融引き締めによるリスクマ ネーの縮小が警戒された。前日の米国株市場でも資源関連が売られ、 東証1部の業種別下落率上位には、業績警戒感が広がった鉱業や石 油・石炭製品、卸売、非鉄などが並んだ。

また、米金融政策、景気の動向に対する見方は強弱感が対立、為 替相場はドル高一辺倒ではなく、ギリシャの財政問題もあり、相対的 に円が強い状況となっている。このため、TOPIXの下落寄与度上 位には輸送用機器、電気機器。東証1部の売買代金上位ではトヨタ、 ホンダ、キヤノン、ソニーなどが下落。トヨタに関しては、米連邦大 陪審と米証券取引委員会(SEC)からの召喚状を受け取り、リコー ルをめぐる議会証言の行方などを警戒する動きも影響した。

もっとも、売り一巡後は底堅く推移。午前に一時120円以上下 げた日経平均は、午後に24円安まで下げ幅を縮小する場面があった。

債券は小幅高

債券相場は小幅高(利回りは低下)。日経平均株価が反落したほ か、月末接近で投資家から保有債券の年限を長期化させる需要が見込 まれており、超長期債を中心に買いが入った。

現物債市場で長期金利の指標とされる新発10年物の305回債利 回りは前日比0.5ベーシスポイント(bp)低い1.34%で取引を開始 した。いったんは1bp低い1.335%に低下したが、午後に入ると低 下幅を縮めて0.5bp低い1.34%で推移した。午後3時前からは再び

1.335%で取引されている。

超長期債が買われた。前回入札された20年物の114回債利回り は一時2bp低い2.15%、新発30年債利回りは2bp低い2.33%ま で低下した。

東京先物市場の中心限月3月物は5営業日ぶりに反発。前日比7 銭高の139円37銭で始まった後、139円30銭台を中心に推移し、 日経平均株価が100円を超す下げとなると、買いが優勢となり、午 後の開始後には13銭高まで上昇した。その後は売りが優勢になって、 一時は2銭安まで下げたが、取引終了にかけて再び水準を切り上げて、 結局は11銭高の139円41銭で終えた。

財務省がこの日実施した表面利率(クーポン)2.2%の20年利 付国債(115回債)の入札結果は、最低価格が100円85銭、平均落 札価格は100円90銭となり、最低価格は事前の市場予想(100円 85銭)と一致した。

最低と平均落札価格との差である「テール」は5銭となり、昨年 8月入札以来の小ささとなった。一方、応札倍率は2.90倍で前回債 の3.02倍から低下した。また、日経テレコンによると、この日に実 施された20年利付国債の入札では野村証券が2371億円を落札した。

ドルが対ユーロで下落

東京外国為替市場では、午後の取引でドルがユーロに対して下落。 前週末の米連邦準備制度理事会(FRB)による公定歩合引き上げを 受けた早期利上げ観測が薄れる中、24日にバーナンキFRB議長の 議会証言を控えて、ドルに売り圧力がかかった。

ユーロ・ドル相場は午後の取引で一時1ユーロ=1.3637ドルと、 前日のニューヨーク時間午後遅くに付けた1.3596ドルからドルが水 準を切り下げた。また、午後にはスイス・フランが対ユーロで一時1 ユーロ=1.4618フランと、昨年3月10日以来の高値を付けたあと、

1.4683フランまで急速に下落。対フランでのユーロ買いがユーロ・ ドルに波及した面もあったようだ。

ユーロ・円相場は午前の取引で一時1ユーロ=124円24銭を付 けたあと、ユーロがじり安に展開し、正午すぎには123円73銭まで 下落。午後は124円台前半で取引された。

一方、ドル・円相場は正午すぎに一時1ドル=90円94銭と、 3営業日ぶりのドル安値を付け、その後は91円ちょうど近辺で推移 した。

サンフランシスコ連銀のイエレン総裁がサンディエゴで行った講 演の原稿によると、「利上げを開始する際には、その手段は整ってい る」と言及した一方で、「当面の間、経済はなお異例な低金利による 支援を必要としている」と述べている。

この日の米国時間には、セントルイス連銀のブラード総裁が規制 改革について講演するほか、2月の消費者信頼感指数などの指標が発 表される。また、24日にはバーナンキ議長が下院金融委員会の公聴 会で、半期金融政策報告の証言を行う。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE