商品関連の運用資産総額:08年11月以来の減少-景気への懸念反映

バークレイズ・キャピタルによる と、商品関連の運用資産総額は1月に約1年ぶりに減少した。世界景気 に対する投資家の懸念が高まったことが背景にある。

ケビン・ノリッシュ氏らロンドン在勤アナリストが22日、電子メ ールで送付したリポートによると、商品関連の運用資産総額は120億ド ル(約1兆1000億円)減の2450億ドルと、2008年11月以来の減少 となった。

アナリストらは、運用資産の減少について「投資家の間でマクロ経 済に対する悲観的な見方が再び強まったことを考えれば驚きではない」 と指摘。「それでもなお、機関投資家が商品関連のリスクの範囲を維持 していることは、商品指数から資金が流出していないことを見れば明ら かだ」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE