中国共産党政治局、政策の「180度転換」は示唆せず-メリルリンチ

中国共産党政治局が「適度に緩和 的な」金融政策を継続する方針を示したことから、2010年10-12 月(第4四半期)まで利上げしない可能性があると、バンク・オブ・ アメリカ(BOA)メリルリンチが指摘した。

中国国営の新華社通信によると、共産党政治局は22日、「積極的 な」財政政策を継続する姿勢も示した。

メリルのエコノミスト、ル・ティン氏(香港在勤)は23日に電 子メールで配布したリポートで最新の発表について、「政策が思い切っ た180度転換の変更にはならず、金利も第4四半期になって初めて上 昇する可能性がある」ことを示唆していると指摘した。

--Paul Panckhurst. Editors: Russell Ward

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 山口裕子 Yuko Yamaguchi +81-3-3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Paul Panckhurst in Beijing at +86-10-6649-7574 or ppanckhurst@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Michael Dwyer at +61-2-9777-8651 or mdwyer5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE