【香港・注目株】中国民生銀、中国南方航空、チャイナ・ユニコム

香港株式市場での主な注目銘柄は 以下の通り。株価と株価指数は前日の取引終値。ハンセン指数は2.4% 高の20377.27。ハンセン中国企業株(H株)指数は2.3%高の11519.56。

中国民生銀行(1988 HK):中国初の民間銀行、中国民生銀行は向 こう3-5年で国内に300余りの店舗を設置し、香港支店のほか、東 京やシンガポール、ロンドンにも代表事務所を開設する計画だ。同行 が23日、上海証券取引所に提出した届け出で明らかになった。株価は

2.4%上昇の7.66香港ドル。

中国南方航空(1055 HK):中国最大の航空会社、中国南方航空は、 財政省から15億元(約200億円)を受け取ることを明らかにした。同 社株は新たな発表待ちで売買停止となっている。株価は9.6%高の

2.98香港ドル。

チャイナ・ユニコム(中国聯通、762 HK):中国2位の携帯電話サ ービス会社、チャイナ・ユニコム(中国聯通)は、傘下の1部門が国 営電話会社のナイジェリア電気通信(NITEL)への出資に関心を 示していることを明らかにした。香港証券取引所への届け出で分かっ た。同社は先週、NITELの株式取得の動きに関与していないと表 明していた。株価は2.3%上げて8.73香港ドル。

サンフンカイ・プロパティーズ(16 HK):時価総額で世界最大の 不動産開発会社、香港のサンフンカイ・プロパティーズは23日、中国 南部の広東省仏山の区画を47億元で取得したと発表した。同社が電子 メールで送付した資料によれば、この区画では約160平方メートルの 床面積を確保できるという。株価は2%高の102.10香港ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE