アジア太平洋地域の債券保証コスト、1カ月ぶり低水準近く-CDS

23日のクレジット・デフォルト・ スワップ(CDS)市場で、アジア太平洋地域の社債・国債の保証コ ストがほぼ1カ月ぶりの低水準近くで横ばいとなっている。

ICAPによると、オーストラリアの投資適格級発行体に連動す るマークイットiTraxx豪州指数のスプレッドは、シドニー時間 午前11時23分(日本時間同9時23分)現在、92.5ベーシスポイン ト(bp、1bp=0.01%)。CMAデータビジョンによれば、同スプ レッドは22日に91.5bpに低下し、先月21日以来の低水準となって いた。

モルガン・スタンレーのデータでは、日本の投資適格級発行体で 構成するマークイットiTraxx日本指数のスプレッドは日本時間 午前9時24分現在、ほぼ変わらずの142bp。CMAによると、同ス プレッドは22日に先月28日以来の低水準となる141.8bpまで下げ ていた。

シティグループによれば、50の投資適格級発行体で構成するマー クイットiTraxxアジア(日本除く)指数のスプレッドはシンガ ポール時間午前8時12分(日本時間同9時12分)現在、0.5bp上昇 の110.5bp。CMAのデータでは、同スプレッドは前日に108.6bp まで低下し、先月28日以来で最も低い水準となっていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE