寿スピリツ株3年超ぶり高値、1株を2株に分割で流動性向上-増配も

観光土産用菓子の製造・販売を手掛 ける寿スピリッツ株が急騰。3月末付で1株を2株に株式分割すると22 日に発表、年間配当も従来予想比10円増の50円に積み増すため、株式 の流動性向上と投資家層の拡充などを見込んだ買いが優勢になった。

この日は買い気配で取引を開始。午前9時25分すぎに前日比15% 高の1719円で寄り付いた。その後も買い注文が優勢で、一時1723円と 2006年3月27 日以来、およそ3年11カ月ぶりの高値水準に戻した。す でに2万株を超えた出来高は、昨年来で最高だった3万4000株(09年 3月25日)に迫る勢い。

会社側の今期(2010年3月期)業績予想は、連結売上高が前期比

8.5%増の189億円、営業利益が同36%増の18億円。チーズケーキ商品 「ドゥーブルフロマージュ」など高採算洋菓子の通販事業が拡大し、利 益率が向上している。同社経営企画担当責任者の松本真司氏は、「今期業 績が前期の過去最高益を上回るのはほぼ確実。配当性向などの目安は設 けていないが、今後も業績に応じて株主還元を行っていきたい」と話し ている。

コスモ証券投資情報部の小川浩一郎氏は、「中国人観光客向けの日本 を紹介するガイドブックなどでも同社の商品が取り上げられ、成長期待 が強い」と指摘。業績堅調と株主還元姿勢を考慮すれば、「株価は現状の ような割安なレベルで放置されるべきではない」との見方を示した。

会社側の今期1株利益(EPS)予想は183円15銭、東洋経済新報 社の「会社四季報」10年新春号における来期EPS試算値は190 円90 銭。22日終値で算出した株価収益率(PER)はそれぞれ、今期8.1倍、 来期7.8倍となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE