良品計画株反落、値引き販売で業績悪化-来上期も厳しく(Update1)

「無印良品」を展開する良品計画 の株価が前日比2.9%安の3820円と反落。衣料品などの値引き販売に よる影響で、今期(2010年2月期)の連結営業利益が会社計画を下回 りそうだ、と23日付の日本経済新聞朝刊が報道。来期業績も厳しいと の見方が多く、売りが出やすくなっている。

同社が今期の連結営業利益を前期比11%減の153億3000万円と見 込んでいるのに対し、同紙は140億円程度になりそうだとしている。売 上高が計画に届かず前期並みにとどまるうえ、テレビ広告費などで販売 管理費も前期に比べて増加するという。

大和証券キャピタル・マーケッツの五十崎義将アナリストは「在庫 の過剰から第3四半期決算終了時点で今期業績の達成が難しいと見てい たため、報道数字に違和感はない」と述べた。同氏は「今春からの商品 戦略変更で新しい商品との入れ替えが必要になるため、在庫処分で来期 の上半期まで業績は厳しいだろう」とし、今期業績の未達が悪材料出尽 くしにはなりにくいとみている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE