米資産家バフェット氏:慈善寄付のニーズには終わりがない

資産の大半を慈善団体に寄付する と約束している米資産家のウォーレン・バフェット氏は、慈善事業へ の寄付へのニーズは終わりのないものだと述べた。

米保険・投資会社バークシャー・ハサウェイの会長兼最高経営責 任者(CEO)を務めるバフェット氏は22日にブルームバーグテレビ ジョンのインタビューに応じ、「需要は無限だ」と述べ、「貧乏くじを 引いた人はとても多い」との認識を示した。

バフェット氏は米誌フォーブスの米富豪番付2位。インタビュー はバフェット氏のチャリティー昼食会を前に行われた。昼食会の権利 は昨年、カナダのヘッジファンドサリダ・キャピタルが168万ドルで 落札しており、コートニー・ウォルフCEOらが出席する。

過去の昼食会権利の競売は落札額が合計で500万ドル(約4億 5600万円)を超えており、バフェット氏の亡き妻がボランティアとし て参加していたサンフランシスコの慈善団体グライド財団に寄付され ている。

ニューヨークのステーキハウスで「オマハの賢人」バフェット氏 と昼食を共にするウォルフ氏は、「もちろんビジネスの話題を取り上げ るだろう」と述べ、「同時に、人生や慈善事業など様々な話題にも言及 したい」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE