09年のオフィス賃貸料:東京が世界一、2位ロンドンで香港3位-調査

ニューヨーク拠点の不動産仲介 会社クシュマン・アンド・ウェイクフィールドによると、東京が昨 年、香港を抜いてオフィス賃貸料が最も高い都市となった。東京で はオフィス賃貸料の下落ペースに鈍化が見られた。

同社が23日電子メールで配布した調査リポートによると、 2009年の東京の一等地のオフィス賃貸料は1平方フィート(約

0.093平方メートル)当たり163.90ドル(約1万5000円)と、 前年比21%下落した。一方、08年の首位から3位に後退した香港 の賃貸料は35%下落。市の中心部から撤退する借り手が増えたこ とが響いた。2位はロンドンのウエストエンドだった。

世界的なリセッション(景気後退)によって企業が賃貸するオ フィススペースは縮小。その結果、昨年は主要な商業地でオフィス 賃貸料が下落した。一等地の賃貸料が世界的に下落したのは03年 以来という。企業が賃貸料の安い物件に移転し、余剰スペースを他 の企業に貸したことも需要を損なった。

クシュマンはリポートで「借り手市場となっており、大半の市 場で賃貸料が下落した」と指摘。昨年は世界中で影響が見られたと 説明した。

賃貸料が昨年最も下落したのはアジア太平洋地域だった。多く の企業が拡大計画を先送りにしたベトナムのホーチミンでは53% 下落と、最大の下げを記録。日本のオフィス賃貸料は09年後半に 下落ペースが鈍化したという。

-- Editors: Ross Larsen, Anne Pollak

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net   Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Chris Bourke in London at +44-20-7073-3808 or cbourke4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Andrew Blackman at +49-30-70010-6223 or ablackman@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE