NY銅先物:4週ぶり高値から下落-在庫増で需要鈍化懸念高まる

22日のニューヨーク銅先物相 場は、一時4週間ぶり高値を付けたものの、結局値下がりした。銅 在庫の増加が需要の鈍化傾向を示唆している公算があるとの懸念が 背景。

ロンドン金属取引所(LME)の指定倉庫の銅在庫はこの日、 55万5025トンに増加。昨年48%増加した銅在庫は、今年に入っ てからも10%増えている。景気回復ペースの鈍化に伴い銅需要が 減少するとの懸念から、銅相場は1月に8.8%値下がりした。

ナショナル・セキュリティーズのチーフ・マーケット・ストラ テジスト、ドナルド・セルキン氏(ニューヨーク在勤)は「市場全 体で需要水準に対する疑念が高まりつつある」と指摘。「市場参加 者が経済情勢をよりよく見極めるまで、銅相場は足踏みを続けるだ ろう」との見通しを示した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅 先物相場5月限終値は前週末比5.05セント(1.5%)安の1ポンド =3.3285ドル。一時3.388ドルと、中心限月としては先月26日以 来の高値を付けていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE