米大統領:メディケア課税を提案-医療保険改革難航打開へ独自案発表

オバマ米大統領は米医療保険制 度改革の一環として、不労所得を対象とした初のメディケア(高齢 者医療保険制度)課税を提案した。一方、医薬品メーカーへの手数 料を引き上げるほか、高額医療保険への課税の範囲を縮小した。

オバマ大統領が22日発表したこの計画は、米医療システム改革 法案の詳細について概して議会民主党に任せてきた過去数カ月間か らの方針転換を示している。この提案内容のほとんどは、下院で昨 年11月、上院で12月に可決されたそれぞれ別の法案から取り入れ たもの。

今回の提案はブレアハウスで25日に開かれる超党派の会合を前 に、共和党議員に課題を提示したかっこう。オバマ大統領は両党の 議会指導者と各委員会トップメンバーを協議に招待。共和党に対し、 数百万もの無保険者への保険提供と、医療費削減を可能にする独自 の「包括的法案」を提出するよう求めている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE