パラモECB理事:欧州は「転換点」を通過-アイルランド紙

欧州中央銀行(ECB)のゴンサ レスパラモ理事は、ユーロ圏は既に「転換点」を通過したと指摘し、 ECBが流動性を段階的に引き揚げる方針であることを明らかにした。 アイリッシュ・インディペンデント紙(オンライン版)が報じた。

ゴンサレスパラモ理事は21日公表された同紙とのインタビュー で、「市場の状態とその弱さを考慮する」とした上で、「つまり痛みを もたらす意図がないことを意味する。われわれがしようとしているの は市場の回復に伴ってこれまでの措置を解除することだ」と説明した。

同理事はまた、景気見通しは引き続き「大きな」不透明感に左右 されているものの、「常に続くとみられる緩やかな成長トレンド」が存 在するとの見解を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE