米フォードの雇用なき回復、工場設備刷新も採用再開はまだ先か

米自動車大手フォード・モーター は米国での16億ドル(約1460億円)規模の投資計画を通じて、低燃 費車の生産に向けて工場設備を一新し、トヨタ自動車に対抗する。だ がトヨタと同じ賃金水準での雇用はまだ先になりそうだ。

フォードは2006年以降、北米の従業員47%を削減。同社のルイ ス・ブース最高財務責任者(CFO)はインタビューで、工場設備の 刷新を進めるとともに米市場での販売台数を伸ばしているが、まだ人 員増強の段階には至っていないと語った。アナリストの1人は、フォ ードが向こう2年間は採用を見送ると予想している。

フォードの雇用なき回復は、米大手自動車メーカーで唯一経営破 たんを免れた同社の限界を示している。早期退職奨励を受け入れる従 業員が減少し、自動車需要が07年の約3分の2以下に減少するなか、 フォードは人件費削減につながる低賃金を受け入れる組合の労働者の 採用を行えずにいる。

ブースCFOは「採用の話をするのはやや早過ぎるかもしれない」 と説明。「現在の従業員を職場に呼び戻すことが優先事項だ。会社と従 業員の双方にとって極めて重要なことだ」と語った。

採用に空きが出た場合、まずはレイオフされた従業員を職場復帰 させなければならないため、フォードは低賃金の労働者を雇用できず にいる。同社には無期限レイオフとなっている従業員が米国でまだ約 600人はいるという。

非営利団体のセンター・フォー・オートモーティブ・リサーチ(C AR)のチーフエコノミスト、ショーン・マカリンデン氏は、フォー ドが今後2年間は採用を行わない可能性があると予想。同氏は電子メ ールで、「自動車市場は低迷しており、フォードが雇用を再開するには 30-40%回復する必要がある」と指摘。「同社は現在、あまりにも多く の時間給労働者を抱えている」と述べた。

-- Editors: Ed Dufner, Steve Walsh, Jeffrey Taylor

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Keith Naughton in Southfield, Michigan, at +1-248-827-2941 or Knaughton3@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jamie Butters at +1-248-827-2944 or jbutters@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE