中国不動産開発会社の株価目標、ゴールドマン引き下げ-不透明感増す

米ゴールドマン・サックス・グルー プは、中国の不動産開発会社の目標株価を最大32%引き下げた。業界 見通しが中国政府の引き締め措置によって一段と不透明になっていると している。

ゴールドマンのアナリストらは22日付リポートで、新たな目標株 価は中国の不動産開発会社の純資産価値を最大40%下回り、従来の同 30%よりも低くなったと指摘した。

アナリストらは現在の引き締めは中国の経済回復を反転させると いうよりは鈍化が目的と確信するが、これで開発会社の不動産販売ペー スなどが影響を受け、それが株価に重しとなる可能性があり得ると考え ると指摘した。

ゴールドマンは緑城中国や深セン控股の投資判断を「ニュートラ ル(中立)」から「セル(売り)」に引き下げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE