白川日銀総裁:デフレ脱却のため潤沢に資金を供給していく

日本銀行の白川方明総裁は22日 午後、衆院予算委員会で、デフレ脱却が重要な課題であり、日銀はデ フレから脱却するために潤沢に資金を供給していきたいと述べた。民 主党の池田元久氏の質問に答えた。

白川総裁は「日銀は現在、デフレから脱却し、物価安定の下での 持続的な成長軌道への復帰が極めて大切な課題だと認識している。そ うした観点から日銀は現在、潤沢に資金供給を行っている」と述べた。

また、長期国債の買い入れについては「安定的な形で潤沢に資金 を供給するという金融調節の目的のために行っており、年間21.6兆円 の規模で買い入れを行っている」と指摘。「いずれにせよ、デフレか ら脱却するために日銀は潤沢に資金を供給していきたい」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE