自販連会長:自動車需要が回復基調にあるのかは不透明

新車販売会社の全国組織、日本自 動車販売協会連合会(自販連)の天野洋一会長(群馬日産自動車社長) は22日の会見で、自動車需要が回復基調にあるのかは「不透明」との 認識を示した。

また、新車買い替え補助金制度が終了した10月以降の需要動向に ついては「見当がつかない」と語った。

トヨタ自動車の一連のリコール問題に関しては「どのようなこと が市場で起こっているのかをメーカーにいち早く伝える、対策が出た 時にいち早く顧客に伝える、完ぺきな復元をすることがより認識され るということであったと思う」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE