中国の教育2機関、グーグルへのサイバー攻撃との関連を否定-新華社

米グーグルなど複数の米企業への サイバー攻撃との関連が伝えられた中国の2つの教育機関は20 日、 報道内容は根拠がないとして関与を否定した。国営新華社通信(オン ライン英語版)が21日報じた。

米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)は18日、米グーグル や 他の米企業のサイトへの一連の攻撃は、中国の上海交通大学と藍翔高 級技工学校のコンピューターから行われたと伝えた。

新華社によれば、上海交通大の匿名の広報担当者は「NYT紙の 報道はIPアドレスに基づいたものにすぎない」と指摘。もう1つの 攻撃源とされた藍翔の関係者も、NYT紙が示唆したウクライナ人教 授が担当する「特定のコンピューターサイエンスのクラス」と事件と の関連を否定した。同関係者は「わが校にウクライナ人教職員はおら ず、外国人職員を雇用したことはない」としている。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki@bloomberg.net Editor:Eiji Toshi 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Alfred Cang at +86-21-6104-7015 or acang@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE