日本株は大幅反発、早期の米出口論後退し全業種高い-先物主導

週明けの日本株相場は大幅反発。 米金融当局による早期の金融引き締め懸念が後退し、過剰流動性の変調 に対する警戒感が薄らいだ。電機など輸出関連のほか、米出口政策への 懸念で前週末に下げが目立った不動産や海運など景気敏感業種も上昇。 東証1部33業種はすべて高かったが、売買高は低調で、先物主導によ る買い戻しの域を出なかった。

日経平均株価の終値は前週末比276円89銭(2.7%)高の1万400 円47銭。TOPIXは同20.67ポイント(2.3%)高の909.75。

ちばぎんアセットマネジメントの安藤富士男顧問は、「世界経済は 確実に回復しているため、下値では買いが入っているようだ。ただ、悪 材料の多い外部環境の動向は依然見極めづらく、相場は活況とは言えな い」と話していた。

米国の早期の金融引き締め懸念の後退で、朝方から売り方の買い戻 しが先行した。米労働省が19日に発表した1月の消費者物価指数(C PI、除く食品・エネルギー)は前月比で0.1%下落。ブルームバー グ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値(0.1%上昇)に対 して予想外の下落となった。これを受けて、インフレ抑制のために連邦 準備制度理事会(FRB)が早期に利上げに動くとの懸念が後退し、同 日の米株式相場は金融株中心に小幅に上昇した。

FRBは18日の米国株取引の終了後、公定歩合を0.25ポイント上 げ、0.75%に設定すると発表。米国株の先行きを警戒し、19日の日本 株市場は日経平均が212円(2.1%)安と急落したが、物価下落の指標が 発表された後の米国株の落ち着きで、過剰流動性終えんへの懸念はひと まず和らぎ、日本株もその恩恵を受けた。

大和投資信託の長野吉納シニアストラテジストは「米国の公定歩合 引き上げを受け、投資家は金融引き締めの動向に神経質になっていた」 と指摘。将来の利上げの方向が見えてきている中で、「米国の市場が冷 静に動いていることは安心感につながっている」としていた。

東証1部の値上がり銘柄数は1533と、全体の9割以上が上昇。日 経平均の構成銘柄は日清紡ホールディングスのみが下げた。

業種別33指数の値上がり率上位には、前週末に下げの目立った不 動産や海運、その他金融株などが並んだ。不動産株については、バーク レイズ・キャピタル証券が株価は十分割安な水準に到達したとして、業 界判断を「ニュートラル」から「ポジティブ」に引き上げる材料があっ た。海運株に関しては、不振のコンテナ船の赤字が縮小し、大手3社の 2010年1-3月期の収益底入れが鮮明になっている、と20日付の日本 経済新聞朝刊が報じた。ばら積み船の国際運賃市況の続伸も支援した。

株式会社化して上場する第一生命保険に出資し、大株主になると 22日付の日経新聞朝刊が報じた損保ジャパンを中心に、保険株も上昇。 新興国などでタイヤ販売が拡大するとみて、10年12月期の連結営業利 益は前期比24%増を見込むブリヂストンを中心に、ゴム製品株の上げ も目立った。

先物は売買膨らむ、GSユアサにぎわう

ただ、東証1部の売買高は16億550万株と、前週末比で12%減少。 売買代金は1兆2289億円と、前週末までの過去1年間の平均1兆4298 億円を下回り、株価指数の上げ幅の割に売買は盛り上がらなかった。一 方、大証の日経平均先物3月物の出来高は9万6039枚と、過去2週間 で一番多く、先物主導の側面が強かった。

個別では、電気自動車向けリチウムイオン電池の生産計画を上方修 正する、と20日付の日経新聞朝刊が報じたジーエス・ユアサコーポレ ーションが売買を伴って上昇。野村証券が投資判断を「1(買い)」に 引き上げたスルガ銀行と、クレディ・スイス証券が目標株価を引き上げ た日立国際電気は大幅反発した。ETC車載器の販売などが堅調で10 年3月期業績予想を増額修正したG-7ホールディングス、モルガン・ スタンレー証券が目標株価を引き上げた日野自動車も買われた。

半面、新株発行や株式売り出しなど公募増資で最大85億円を調達 するコロワイドが、1株当たりの株式価値の希薄化懸念から急落し、東 証1部の下落率1位。クレディ・スイス証券が投資判断を「中立」に引 き下げた大日本スクリーン製造が大幅続落した。

新興3市場も上昇

国内の新興3市場も軒並み上昇。ジャスダック指数が前日比0.2% 高の50.08、東証マザーズ指数が同1.3%高の398.14、大証ヘラクレス 指数が同1%高の562.10。

個別では、自社株買いを発表したファンコミュニケーションズが5 営業日ぶりに反発。シティグループ証券が投資判断を「買い」に引き上 げたACCESSが4日続伸。半面、前期の大幅赤字決算と111億円の 債務超過を前週に発表したダヴィンチ・ホールディングスは、2日連続 のストップ安。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE