アイスランド:英蘭が新たな融資条件、変動金利の提案も

アイスランド政府は22日、同国 のネット銀行アイスセーブに海外居住者が預け入れていた預金の補 償問題で、英国とオランダが提示した融資条件の修正案に関する政 治的合意を得るため、議会の野党側と協議に臨む。

スカルプヘイジンソン外相は、21日の電話インタビューで、 「英、オランダ政府から受け取った提案の具体的条件にはコメント できないが、検討に値する内容だ」と説明。一方、シグルザルドッ ティル首相は20日、RUV放送に対し、新提案はアイスランドの 負担を大幅に減らすものだと語った。

アイスランド政府の複数の当局者は19日、昨年10月に53億 ドル(約4860億円)の融資合意が成立した際に設定された金利 (5.5%)を変動金利に変更することも一つの選択肢だと述べ、金 利の免除期間を設けることも検討される可能性があると付け加えた。 当局者らは、修正案が非公開だとして匿名を条件に語った。

海外からの融資は、経営破たんし政府管理下に置かれたランズ バンキ・イスランズ傘下のアイスセーブの預金をアイスランドが補 償するために供与されるもので、新たな金利は同国の返済負担の軽 減につながる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE