中国の中升集団:最大10億ドルの香港IPO向け需要調査開始-関係者

中国の自動車ディーラー、中升集 団は22日、香港市場での最大10億米ドル(約917億円)規模の新規 株式公開(IPO)に向けて需要調査を開始した。同IPO計画に詳し い関係者3人が明らかにした。

情報が社外秘であることを理由に関係者2人が匿名を条件に語っ たところでは、中国北東部の大連に拠点を置く同社は、募集を3月3日 に開始する計画だ。関係者3人の話によると、同社のIPOは6億- 10億米ドル規模となる可能性があるという。

BOCインターナショナル・ホールディングスとモルガン・スタ ンレー、UBSが幹事証券を務める。また、関係者1人によれば、3月 12日前後にIPO価格が決定され、同月19日から取引が開始される予 定。

同社の共同創設者の黄毅会長とBOCインターナショナルの香港 在勤広報担当者ワン氏のいずれのコメントも得られなかった。モルガ ン・スタンレーの香港在勤広報担当者、ニック・フッティット、UBS の香港在勤広報担当者、クリス・コクリル両氏はコメントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE