KDDI:9カ月ぶり社債発行-1000億円程度、JCOM株取得資金か

国内通信2位KDDIが国内普通社 債(SB)を起債する予定だ。実現すれば2009年5月の500億円以来、 約9カ月ぶり。今週半ばにも条件決定する見通しで、需要次第で1000 億円程度となる可能性がある。複数の市場関係者が明らかにした。

KDDIが発行するのは5年、7年、10年の3本建てで、発行額は それぞれ300億円以上、100億円以上、200億円以上。ブルームバーグ・ データによると、総額1000億円程度となれば今年2番目の規模に並ぶ。 今年行われた1000億円規模の起債は、大きい順に東芝債(1200億円)、 大和ハウス工業債(1000億円)となっている。

KDDIは19日、ケーブルテレビ国内最大手のジュピターテレコム (JCOM)の株式取得を完了した。KDDIの長尾哲副社長兼最高財 務責任者(CFO)は、JCOM株取得資金の3617億円について15日の ブルームバーグ・ニュースとのインタビューで、当面は短期のつなぎ融 資で借り入れるが、今後は市場環境などの「タイミングを見ながら、長 期への借り換えや社債発行などを考える」と語っていた。

主幹事は、5年債が三菱UFJ証券(事務)、みずほ証券、7年債 が大和証券キャピタル・マーケッツ(事務)、みずほ証券、10年債がみ ずほ証券(事務)、大和証券キャピタル・マーケッツの共同で務める。 格付けは格付投資情報センター(R&I)がA+としている。

KDDIは12日に、米メディア大手リバティーグローバルの中間持 ち株会社の買収を通じて31.1%(議決権ベース)のJCOM株を実質取 得すると発表した。当初はリバティ保有の全株37.8%(同)を取得予定 だったが金融庁の指摘を受け、一部をリバティがみずほ信託銀行に譲渡 し、信託受益権を購入する方式に変更した。

KDDI広報部の桜井桂一氏は「社債発行は検討しているが、正式に 決まったものではない」としてコメントは控えた。

--取材協力 駅 義則  Editors: Chiaki Mochizuki Fukashi Maruta

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 上野 孝司 Takashi Ueno +813-3201-8696 tueno@bloomberg.net 東京 宮沢祐介 Yusuke Miyazawa +81-3-3201-2698 or ymiyazawa3@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +813-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net Singapore William Mcsheehy +65-6212-1140 Wmcsheehy@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE