著名ヘッジファンド運用者:石油や空運株に買い-景気回復加速を確信

世界で最も好調なヘッジファンド が、エネルギーや鉱山、空運株を買っている。ルイス・ベーコン氏や デービッド・テッパー氏など著名ファンドマネジャーが、景気回復が 加速するとの確信を強めている兆しとみられる。

ベーコン氏が率いるムーア・キャピタル・マネジメントはアナダー コ・ペトロリアム、ヘスの株式を取得した。ムーア・キャピタルの旗艦 ファンドは1990年の創業以降、約21%の年間リターン(投資収益 率)を挙げている。

スタンレー・ドラッケンミラー氏が率いるデュケイン・キャピタ ル・マネジメントは炭鉱会社マッセイ・エナジーの株式の6.2%を取得 した。マッセイの利益は今年倍増することが予想されている。

テッパー氏のアパルーサ・マネジメントは総額1億3300万ド ル(約122億円)の空運株を購入した。ブルームバーグが集計した データによると、空運業界は今年、黒字に転換することが予想されて いる。アパルーサが運用するファンドは昨年、ファンド業界の運用 成績上位に入った。

S&P500種株価指数は2009年に23%上昇した。ヘッジファン ドは株価上昇が今年も続くとみて経済成長に関連性の深い銘柄の購入を 増やしている。株式相場は1月に3.7%下落したが、商品供給やハ イテク関連株が戻りを主導している。

4000億ドルの資産を運用するフェデレーテッド・インベスタ ーズ(ニューヨーク)の株式市場チーフストラテジスト、フィリッ プ・オーランド氏は「リセッション(景気後退)が昨年半ばに終わ り、米国内外の企業が成長し続けると信じるなら、経済成長から最 も恩恵を受ける業種に投資したいと思うだろう。ディフェンシブ 銘柄の投資判断はアンダーウエイトにしたいところだ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE