中国:企業の運転資金と個人向け融資規制を強化-投機流用を防止

中国当局は、金融機関が企業の運 転資金や個人向けとして貸し付けた資金が投機に流用されるのを防ぐ ため、規制を強化した。融資が急増し、資産価格が上昇している状況 に対応する。

中国銀行業監督管理委員会(銀監会)が20日発表した声明によれ ば、企業が財やサービスを賄うために利用する融資の「過度な供与」 を金融機関に禁止し、企業の「実需」を無理なく見積もるよう義務付 ける規則が今月12日に施行された。

銀監会によれば、新たな規制の下では、運転資金の貸し付けを無 制限に行う金融機関のほか、中国政府が認めない設備投資や出資など の目的に融資を流用した企業も処罰される。

個人向け融資については、使途を確認せずに貸し付けることを金 融機関に禁じ、不正防止のため、融資の承認前に借り手と直接面接す ることを義務付ける規則がやはり12日に施行された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE