日豪外相、イランの核開発計画に深刻な懸念を表明-共同声明

オーストラリアを訪れている岡田 克也外相は21日、スミス外相とパースで会談し、イランの核開発計画 に対する深刻な懸念を共有するとの共同声明を発表した。

両外相は声明で、核兵器の脅威は人類が直面している最も深刻な 問題の一つだと表明した。このほか、今回の訪問では捕鯨問題や北朝 鮮、気候変動などで意見交換した。

AFP通信によると、岡田外相は会談後の記者会見で、豪州が日 本の捕鯨問題を国際司法裁判所に提訴する構えをみせていることにつ いて、残念だと述べた上で、同問題が両国関係に影響しないようにす べきだとの考えを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE