NY連銀総裁:公定歩合引き上げは緊急流動性供給終了への最後の措置

ニューヨーク連銀のダドリー総裁 は、19日の公定歩合引き上げについて、緊急流動性供給措置の終了に 関して米連邦準備制度理事会(FRB)が取る最後のステップだと説 明した。

ダドリー総裁は19日、プエルトリコでの講演後に記者団に対し、 「すべての流動性供給措置を終了させることと連動した調整の最後の ものととらえてもらうと良い。そのような一連の措置の最後のもので あって、新たな一連の動きの最初のものではない」と語った。

この日発表された1月の消費者物価指数の上昇率が市場予想を下 回ったことについては、「インフレ圧力の不在」を示唆するものだと指 摘。「雇用と景気を政策の焦点にしなければならない」と述べた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 森 茂生 Shigeki Mori +1-212-617-6107 smori1@bloomberg.net Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関する記者への問い合わせ先: Jerry Hart in Miami at +1-305-579-4334 or jhart@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Wellisz at +1-202-624-1862 or cwellisz@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE