2月のユーロ圏景気総合指数:7カ月連続で拡大示す-外需がけん引

2月のユーロ圏経済は、サービス 業と製造業がともに拡大した。外需の伸びが域内需要の低迷を補い、 同月の景気総合指数は7カ月連続で50を上回った。

マークイット・エコノミクスが19日発表した2月のユーロ圏景 気総合指数は53.7と、前月と同水準を維持した。ブルームバーグ・ ニュースがまとめたエコノミスト16人の予想中央値は53.5だった。 同指数は昨年8月以来、生産活動の拡大・縮小の境目となる50を上 回っている。

総合指数を構成するサービス業景気指数は52.0と、1月の52.5 から低下。一方、製造業景気指数は54.1で、前月の52.4を上回っ た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE