積ハウス:ジョイR投の増資引き受け、リート市場に本格参入

積水ハウスは19日、スプリン グ・インベストメントとともにジョイント・リート投資法人が発行する、 第三者割当増資による新投資口を引き受けると同時に、同投資法人の資 産運用会社であるジョイント・キャピタル・パートナーズ(JCP)の 全株式を取得すると発表した。積水ハウスはこれにより、リート市場に 本格的に参入する。

ジョイントR投資法人が発行する投資口数は、計1万400投資口。 積水ハウスが7800投資口、スプリング・インベストメントの完全子会 社が2600投資口をそれぞれ引き受ける。ジョイントRの調達金額は18 億2000万円。増資後の積水ハウスの出資比率は6.8%。

積水ハウスとスプリング・インベストメントの両社はJCPの発行 済株式4000株のすべてを取得。積水ハウスが75%の比率となる3000 株を保有する。

積水ハウスはすでに、東証に上場しているジャパンエクセレント投 資法人の資産運用会社、ジャパンエクセレントアセットマネジメントに 2005年に出資しており、リートに関連する事業への進出を始めていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE