ブリヂストン:今期予想は増収、大幅増益-タイヤ販売増

世界最大のタイヤメーカー、ブリ ヂストンは今期(2010年12月期)の業績予想が増収、大幅増益の見 通し。新興国などでタイヤ販売拡大のほか、多角化部門で電子精密部 品などの販売も増えると見込んでいる。

19日に発表した今期予想の売上高は前期比9.0%増の2兆8300 億円、営業利益が同24%増の940億円、経常利益は同23%増の670 億円、純利益が同43倍の450億円の見通し。

ブリヂストンの荒川詔四社長は決算発表会見で「新興国で販売体 制を整えるなどして販売増が見込まれる」と述べた。

前期(09年12月期)決算は、大幅減収・減益となった。純利益 は前の期と比べ90%減の10億円だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE