公共の場は原則全面禁煙、受動喫煙防止へ月内に通知-長妻厚労相

長妻昭厚生労働大臣は、飲食店や遊技場と いった不特定多数の人が利用する公共の施設を原則全面禁煙とするよう月内に 通知を出す。たばこを吸わない人が間接的に煙を吸い込む受動喫煙を防止する のが狙い。

長妻厚労相は19日の閣議後の記者会見で、月内通知の予定を示した上で「諸 外国の状況や日本の喫煙行動なども見ながら議論を進める」と述べた。厚労省 は「職場における受動喫煙防止対策に関する検討会」で昨夏から受動喫煙の問 題点を議論、15日の会合で報告書をまとめていた。これに先立ち「受動喫煙防 止対策のあり方に関する検討会」でも昨年3月に報告書を作成していた。

たばこ販売数量世界3位JT広報担当の林和則氏はこの日、「受動喫煙防 止ついては議論を始めていて、去年3月にJTとしてたばこを吸う人と吸わな い人が協調して共存できる社会の実現を目指すコメントを発表している」と述 べた。この日のJT株の午前終値は7000円(2.1%)安の32万1500円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE