国交相:日米関係の影響「悲観せず」-トヨタは米当局と連携を(訂正)

前原誠司国土交通相は19日午前の閣 議後会見で、米国でのリコール(無料の回収・修理)問題の日米2国間 関係への影響について、「悲観はしていない」 と述べた。その上で、 「米当局と連携しながらトヨタにしっかした対応を促す」と語った。

前原国交相は、トヨタの豊田章男社長が米下院監視・政府改革委員 会の公聴会で証言することについて、「早い対応で説明責任を果たすの はメーカーの責任」と話した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE