アトランタ連銀総裁:公定歩合上げ、早期引き締め意味せず

米アトランタ連銀のロックハート 総裁は、18日の公定歩合引き上げは金融引き締めを意味しないと指摘 した。

同総裁はアトランタ州オーガスタの商業会議所で講演し、「この措 置を金融政策の引き締めと解釈しない。引き締めが差し迫っている兆 候とも受け止めていない」と説明。「この措置はむしろ、正常化へのス テップと見るべきだ」と語った。

連邦準備制度理事会(FRB)は18日、公定歩合を0.25ポイン ト引き上げ0.75%にするとともに、この措置が短期的な流動性をFR Bではなく金融市場により依存するよう金融機関に促すものになると の声明を発表。「FRBの融資手段の一段の正常化を意図している」と 説明した。

ロックハート総裁は「金融政策はフェデラルファンド(FF)金 利の誘導目標が示す通り、なお緩和的だ」と指摘。「初期段階にある景 気回復を支えるにはこの政策スタンスが必要だ。回復基調はなお脆弱 (ぜいじゃく)だと思う」と述べた。

-- Editors: Christopher Wellisz, James Tyson

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net  Editor:Eiji Toshi 記事に関する記者への問い合わせ先: Steve Matthews in St. Louis at +1-404-507-1310 or smatthews@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Christopher Wellisz at +1-202-624-1862 or cwellisz@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE