NY原油時間外:4日ぶり反落-米公定歩合引き上げで投資需要減

ニューヨークの原油先物相場は、19 日の時間外取引で4日ぶりに反落。米連邦準備制度理事会(FRB)が 公定歩合を引き上げたことで、ドルが上昇し、商品向け投資需要が減退 した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限は一時、

1.29ドル(1.5%)安の1バレル=77.85ドルを付けた。シンガポー ル時間午後4時16分(日本時間同5時16分)現在、77.90ドルで推 移している。前日の通常取引は1.73ドル高の79.06ドルで引けた。終 値としては1月14日以来の高値だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE