UBS:09年ボーナス、25万ドル超えると60%が繰り延べ支払い

スイスの銀行大手、UBSは2009 年の報酬が25万ドル(約2300万円)を超える上級行員について、ボ ーナスの一部を繰り延べ制限付きの株式で支払う。利益の出ない年の 報酬コストを抑えることを目指す。

この上限を超えると、ボーナスの60%は「エクイティー・オーナ ーシップ・プラン」に基づいて支払われ、現金は40%だという。人事 責任者のジョン・F・ブラッドリー氏が9日に役員や上級行員に送っ た文書から分かった。UBSは文書の内容を確認した。

このプランに基づいた報酬は3年に分けて1年に3分の1ずつ権 利が発生する。さらに、従業員の行動や判断が「金融面の大幅な損失 や発表済み業績の大幅な下方修正、法令順守規則や指針、会社方針に 対する重大な違反、UBSの評判を傷付ける義務・規制違反」につな がった場合、会社側がいったん付与したものを取り戻すことができる 返還条項が付いている。

UBSは先週、2009年の通期赤字によってこの返還条項が初めて 発動され、権利が今年生ずるはずだった3億スイス・フラン(約250 億円)相当は取り戻されることになったと明らかにしていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE