ギリシャ債務証券、200億ユーロ余り格下げ方向で見直し-ムーディーズ

米格付け会社ムーディーズ・イ ンベスターズ・サービスは19日、200億ユーロ(約2兆4800億円) 余りのギリシャの債務証券を格下げ方向で見直すと発表した。ギリ シャ経済の悪化が理由。

発表資料によると、見直しはギリシャの「Aaa」格付けの資 産担保証券(ABS)、住宅ローン担保証券、融資担保証券(CL O)、カバード債のうち1銘柄を除きすべてが対象となる。

ムーディーズはリポートで、「国内経済への負荷がさらに高ま れば、証券の裏付けとなる資産でデフォルト(債務不履行)が発生 する確率が高まる可能性がある」と指摘。さらに、「財政赤字削減 の取り組みに連動してマクロ経済への負荷が高まる公算であること から、これらの証券の信用力が適切かを見直している」と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE