ポンド見通し下方修正、金融政策と財政への懸念で-バークレイズ

英バークレイズ・キャピタルは、 英国の「金融政策と財政面での懸念」を理由に、ポンド見通しを下方 修正した。

ロンドン在勤の為替ストラテジスト、ポール・ロビンソン氏は19 日のリポートでボンド相場について、3カ月後に1ポンド=1.53ドル、 1ユーロ=88ペンスとなり、1年後には対ドルでは1.67ドル、対ユ ーロで84ペンスになるとの予想を示した。従来見通しでは今年を1ポ ンド=1.73ドルで終えるとしていた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Justin Carrigan in London at +44-20-7673-2502 or jcarrigan@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Justin Carrigan at +44-20-7673-2502 or jcarrigan@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE