NY金:下落、ドル上昇で代替投資需要が後退-終値1118.70ドル

ニューヨーク金先物相場は下落。 ドルの上昇に伴い代替投資としての金の投資妙味が損なわれた。

ドルは主要6通貨バスケットに対して最大0.4%上昇。ドルと金 は反対の値動きになる傾向が強い。国際通貨基金(IMF)が金売却 を検討していることが明らかになり、金は下げ幅を縮小した。

フューチャーパス・トレーディングのトレーダー、フランク・ レシュ氏は「ドルはまだ金相場に非常に強い影響を及ぼしている。今 の段階ではドルはさらに上昇しそうだ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金 先物4月限は前日比1.40ドル(0.1%)安の1オンス=1118.70ド ルで取引を終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE