米GM:米国内3工場に約450億円投資、565人を呼び戻しへ

米自動車メーカー、ゼネラル・モ ーターズ(GM)は車の燃費改善を目指し、合計約4億9400万ドル(約 450億円)を投資するとともに、改良した4気筒エンジン、エコテッ クを生産する国内3工場で従業員565人を呼び戻す。

広報担当のキンバリー・カーペンター氏が18日明らかにしたとこ ろによると、投資額のうち4億2500万ドルはニューヨーク州トナウォ ンダにあるエンジン工場に投じて470人を呼び戻す。投資はトナウォ ンダ工場の改修や機械、設備、特殊工具などのほか、オハイオ州デフ ァイアンスとミシガン州ベイシティの各工場にも振り向ける。

GMは2016年に燃費を自動車全体の平均で1ガロン(3.78532リ ットル)当たり35.5マイル(約57.13キロメートル)に向上させるよ う求める燃費規制を満たすため、排気量の大きいエンジンの置き換え を進めており、エコテック生産はその取り組みの一環。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE