2月フィラデルフィア連銀指数:17.6に上昇-在庫増

米フィラデルフィア地区の2月 の製造業活動は、6カ月連続で拡大。受注は約5年ぶり高水準とな った。景気回復が製造業から始まっている兆候が新たに示された。

米フィラデルフィア連銀が18日に発表した2月の同地区製造 業景況指数は17.6と、前月の15.2から上昇。ブルームバーグ・ ニュースがまとめたエコノミスト調査の予想中央値は17だった。 同指数はゼロが拡大と縮小の境目を示す。

項目別では在庫指数が3.2(前月は-1.6)と、2007年9月 以来初めてプラスとなった。新規受注指数は22.7と、前月の3.2 から大きく上昇。雇用指数は7.4(前月6.1)と、07年10月以来 の高水準。出荷指数は19.7(前月11)に上昇した。

仕入れ価格は32.4(前月33.2)に低下。販売価格は3.7(前 月2.7)に上昇した。

今後6カ月の予想指数は35.8と、前月の43.3から低下した。

ックしてご覧ください。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 森 茂生 Shigeki Mori +1-212-617-6107 smori1@bloomberg.net Editor:Akiko Nishimae 記事に関する記者への問い合わせ先: Robert Willis in Washington at +1-202-624-1837 or bwillis@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Wellisz at +1-202-624-1862 or cwellisz@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE