【起債予定】森ビルが初の社債、都市再生機構、住宅機構RMBS

複数の証券会社や発行体の担当者 よると、19日以降に以下の国内普通社債(SB)、円建て外債(サムラ イ債)、財投機関債、地方債の起債が予想される。格付け会社名は、R &Iが格付投資情報センター、JCRは日本格付研究所、S&Pがスタ ンダード・アンド・プアーズの略。

●国内普通社債(SB)

森ビル(MBDZ)が国内SBの発行を準備している。年限が3年、 発 行額は130億円。主幹事は、みずほ証券、日興コーディアル証券、 三菱 UFJ証券が共同で務める。格付けは、JCRがA-としている。 早ければ19日にも条件決定の見通し。

日本ユニシス(8056)が国内SBの発行を準備している。年限は 5 年、発行額は100億円を予定している。主幹事は、野村証券、岡三 証券 が務める。格付けは、R&IがA-としている。来週前半にも条 件決定 する見通し。

三菱UFJ信託銀行(8402)が劣後債の発行を準備している。年 限 は10年、発行額は300億円を予定している。主幹事は三菱UFJ 証券 が務める。劣後債の格付けは、ムーディーズがAa3、JCRが AA-としている。

南都銀行(8367)が劣後債の発行を準備している。年限が10年 (N C5)、発行額は100億円を予定。主幹事は、野村証券が務める。 劣後債の格付けは、JCRがA-としている。条件決定は、来週後半を 予定 している。

オリックス(8591)が国内SBの発行を準備している。年限が3 年 の法人投資家向け。主幹事は、大和証券キャピタル・マーケッツ、 みず ほ証券が務める。格付けは、ムーディーズがA3、S&PがA-、 R& IとJCRがAとしている。

オリックス(8591)が国内SBの発行を準備している。年限は4 年、 個人投資家向に販売する。主幹事は、大和証券キャピタル・マー ケッツ、 みずほ証券が務める。格付けは、ムーディーズがA3、S& PがA-、 R&IとJCRがAとしている。条件決定は24日の予定。

東京スター銀行(8384)が劣後債の発行を準備している。年限は 8 年(NC3)、発行額は30億円を予定している。主幹事はバークレ イズ・ キャピタル証券が務める。劣後債の格付けは、JCRがBBB としてい る。条件決定は3月18日以降の予定。

りそな銀行(8319)が劣後債の発行を準備している。年限は10 年、 発行額は200億円を予定している。主幹事は、野村証券、シティ グルー プ証券が務める。劣後債の格付けは、ムーディーズがA2とし ている。 条件決定は来週後半の見通し。

三井不動産(8801)が国内SBの発行を準備している。年限は10 年を予定。主幹事は、日興コーディアル証券、大和証券キャピタル・マ ーケッツが務める。格付けは、ムーディーズがA2、S&PがBBB+、 R&IがA+、JCRがAA-としている。

KDDI(9433)が国内SBの3本建ての発行を準備している。 発行額は、5年債が300億円、7年債が100億円、10年債が200億 円を予定している。主幹事は、5年が三菱UFJ証券、みずほ証券。7 年が大和証券キャピタル・マーケッツ、みずほ証券、10年がみずほ証 券、大和証券キャピタル・マーケッツが務める。

JFEホールディングス(5411)が国内SBの発行を準備してい る。 年限は5年を予定。主幹事は、日興コーディアル証券、三菱UF J証券 が務める。格付けは、ムーディーズがA2、R&IがAA-、 JCRが AAとしている。

三越伊勢丹ホールディングス(3099)が国内SBの発行準備をし て いる。主幹事は、三菱UF証券(事務)、野村証券、日興コーディア ル証券、大和証券キャピタル・マーケッツが務める。格付けは、R&I がA-としている。

●投資法人債

ジャパンエクセレント投資法人(8987)が投資法人債の発行を準 備 している。主幹事はみずほ証券が単独で務める。格付けは、ムーデ ィー ズがA3、R&IがAA-としている。同社にとって初の起債と なる。

●円建て外債(サムライ債)

フィリピン共和国(279379Z PM)がサムライ債の発行準備をし てい る。年限は10年、発行額は1000億円を予定している。主幹事 は、大和証券キャピタル・マーケッツ、三菱UFJ証券、野村証券が共 同で務める。23日にも条件決定するとみられる。国際協力銀行の保証 付きだが、 当初2.5年分のクーポンの支払いについては保証されない。

ナショナル・オーストラリア・バンク(NAB AU)がサムライ債の 発 行を準備している。主幹事は、シティグループ証券、野村証券、み ずほ 証券が務める。格付けは、ムーディーズがAa1、S&PがAA として いる。

●財投機関債

住宅金融支援機構(JHLCZ)が財投機関債の発行を準備している。 月次34回債、主幹事は、三菱UFJ証券、クレディ・スイス証券、日 興コーディアル証券が務める。格付けは、S&PがAAA、R&IがA AAとしている。19日にも条件決定する見通し。

首都高速道路が財投機関債の発行を準備している。年限は5年、主 幹事はみずほ証券、大和証券キャピタル・マーケッツ、日興コーディア ル証券が務める。格付けは、ムーディーズがAa2、R&IがAAAと している。

都市再生機構(UDCZ)が財投機関債の発行を準備している。年限 が 5年、10年の2本建てで、発行総額は500億円程度の予定。主幹 事は野村証券、みずほ証券が務める。格付けは、ムーディーズがAa2、 R& IがAA、JCRがAAとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE