アジア株:反落-さえない決算発表や金属相場安を嫌気

18日のアジア株式相場は下落。前 日は2週間ぶりの高値を付けていたが、一部企業の発表した決算が振 るわなかったことに加え、金属相場安で資源関連株が値下がりした。

オーストラリア最大の航空会社カンタス航空は減益となり、金属 リサイクル最大手の豪シムズ・メタル・マネジメントは売上高が減少 し、ともに大幅下落。豪州最大の産金会社ニュークレスト・マイニン グは金属相場安を受けて2.3%安。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後4時47分現在、前日比

0.3%安の117.78。17日は昨年11月以来の大幅な上昇率を記録してい た。1年5カ月ぶりの高値となった1月15日の水準からは8.2%値下 がり。

岡三アセットマネジメントの伊藤嘉洋上席ストラテジストは、投 資家は安値で買いを入れる意欲があるが株価上昇への明るい展望を描 けないとの見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE