フィリピン:サムライ債の発行額は1000億円に決定-23日に条件決定

フィリピン政府が起債を計画してい る円建て外債(サムライ債)の発行額が1000億円に決まった。年限は10 年で、利回りの円スワップレートへのスプレッド(金利上乗せ幅) は、85bp(1bp=0.01%)。国際協力銀行が元利払いの95%を保証す る。23日に条件決定する。事情に詳しい関係者が18日、明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE