今日の国内市況:株式は3日続伸、債券先物安い-ユーロ下落

東京株式相場は小幅に3日続伸。 米国で発表された住宅と生産関連統計が市場予想を上回る改善を示し たほか、海外時間の17日に為替相場が円安・ドル高方向に動いたこと を材料視し、収益改善期待から機械やゴム製品など輸出関連株の一角 が上昇した。銀行やその他金融、小売株も堅調。

日経平均株価の終値は前日比28円86銭(0.3%)高の1万335 円69銭、TOPIXは同0.10ポイント(0.01%)高の904.73。

17日発表された1月の米住宅着工件数は、年率換算で前月比

2.8%増の59万1000戸とエコノミストの予想中央値58万戸を上回っ た。1月の米鉱工業生産指数も前月比0.9%上昇と7カ月連続のプラ スで、市場予想中央値の0.7%上昇を上回った。

両統計が予想を超過したことが好感され、17日の米株式市場では ダウ工業株30種平均が前日比0.4%高の10309.24ドルと、約4週間 ぶりの高値で終えた。同日のニューヨーク外国為替市場ではドルが対 主要通貨で買われ、東京時間18日も前日比円安水準で推移した。

足元での米経済の回復基調が確認されたほか、為替の円安・ドル 高を背景に、三菱重工業やコマツなどの機械株、東洋ゴム工業などゴ ム製品株が上昇。テルモなど精密機器株、パイオニアなど電機株の一 角も高い。直近で下げの目立った武富士などの消費者金融株が買われ、 三菱UFJフィナンシャルグループをはじめとする銀行株も堅調。

ただ、相場全般に買いの勢いは弱く、日経平均、TOPIXとも マイナス圏に沈む場面が多かった。前日の日経平均は272円高と今年 最大の上げ幅を記録しただけに、反動売りが出やすかった面もある。

米連邦準備制度理事会(FRB)が17日公表した連邦公開市場委 員会(FOMC、1月26、27日開催)の議事録では、当局者がFRB のバランスシート縮小について議論したことが示された。

相場の重しとなったのは、電力、陸運といった景気動向の影響を 受けにくいディフェンシブ業種。JR東日本、東京電力がTOPIX のマイナス寄与度上位に並んだ。前日上げの目立った海運や鉄鋼株も 反落。

債券先物が小幅安

債券市場では先物相場が小幅安(利回りは上昇)。前日の米株式相 場の上昇が国内株価を支える展開となったことから売りがやや優勢と なった。一方、長期金利は小幅に低下しての推移となった。

東京先物市場の中心限月3月物は前日比1銭安い139円60銭で始 まった。午前に株価が下げに転じた場面では10銭高の139円71銭ま で上昇した。しかし、株価が下げ渋ると午後に入って小幅マイナス圏 での推移となり、結局は取引開始時と同じ139円60銭で終了した。

17日の米国市場が株高、金利上昇となったことが、朝方の円債市 場でも売り材料視された。しかし、米株高の割に日経平均株価の上昇 が鈍かったことから、債券先物も15日以降に続く139円60銭を中心 としたレンジ取引に終始した。

日銀は18日に開いた金融政策決定会合で、政策金利を現行の

0.1%前後に据え置くことを全員一致で決定したと発表した。今回の金 融政策据え置きは予想通りだったため、債券相場への影響は限定的だ ったが、先物市場では多少の売り材料ともとらえられた。

現物市場で新発10年物の305回債利回りは前日の終値より0.5bp 低い1.32%で始まり、いったんは3営業日ぶり低水準の1.315%に下 げたが、その後は1.315-1.325%での小動きに終始した。

ユーロ下落

東京外国為替市場では、ユーロが下落。ギリシャの財政問題をめ ぐって、ドイツ国内で金融支援に対する反対意見が聞かれるなど、先 行き不透明感がくすぶっていることから、再びユーロへの売り圧力が 強まった。

ユーロ・ドル相場は一時1ユーロ=1.3558ドルと、4営業日ぶり の水準までユーロ売りが進行。ユーロ・円相場も一時1ユーロ=123 円33銭と、2営業日ぶりのユーロ安値を付けている。

一方、ドル・円相場は対ユーロでの円買いが波及する格好となり、 一時は1ドル=90円83銭と、前日のニューヨーク時間午後遅くに付 けた91円25銭からドル安・円高方向に振れた。

この日は日本銀行が金融政策決定会合で政策金利を0.1%前後に 据え置くことを全員一致で決定。政策の据え置きは市場で予想されて いたことから、円相場への影響は限定的となった。

ドイツのメルケル政権で連立を構成するキリスト教社会同盟(C SU)のホルスト・ゼーホーファー党首は17日、ドイツは納税者の血 税でギリシャを支援することには抵抗しなければならないとの見解を 示している。

また、米ゴールドマン・サックス・グループがギリシャ政府によ る財政赤字の実態隠しを助ける役割を果たした疑いが取りざたされる 中、メルケル首相は、ギリシャによる債務の実態隠しに銀行が加担し たことが判明すれば、「不祥事」になるとの認識を示した。

前日には米連邦準備制度理事会(FRB)が1月26、27日に開催 した連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録を発表。FOMCメン バーは2兆2600億ドルに膨らんだバランスシートをいつ、どのように して縮小するかを議論し、一部のメンバーが「近い将来に」資産を売 却し始めるよう主張したことが明らかになった。

FOMC議事録の内容を受けて、前日の米国債相場が下落。10年 債の利回りは一時3.73%に上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE