英プルデンシャル:アジアの伸び、15年までに全体の80%に-CEO

英保険最大手プルデンシャルのテ ィージャン・ティアム最高経営責任者(CEO)は、同社の収入の伸 び全体に占めるアジアの割合が、2015年までに最大80%に達すると の見通しを示した。

ティアムCEOは、ブルームバーグテレビジョンとのインタビュ ーで「現在はアジアが成長全体のおよそ半分余りを占めている」と説 明。その割合は今後5年以内に「恐らく75-80%になると思う」と 語った。

プルデンシャルは現在アジア13カ国で事業を展開。先月にはシ ンガポールのユナイテッド・オーバーシーズ銀行(UOB)の生保部 門を買収した。英国内市場の伸び悩みを補うため、シンガポールやイ ンドネシア、タイで事業を拡大するのが狙いだ。同社の09年1-6 月(上期)の利益に占めたアジアの割合は31%だった。

ティアムCEOは、アジア諸国の国内総生産(GDP)の伸びと 貯蓄志向の強さが、同社の域内の「収入を押し上げる」との見通しを 示した。

-- Editors: Ben Vickers, Stephen Taylor.

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Kevin Crowley in London at +44-207-073-3304 or kcrowley1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Edward Evans at +44-207-073-3190 or eevans3@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE