香港取引所:ロシア企業のIPOは今後数年で最高10社へ-夏主席

香港証券取引所を運営する香港 取引所は、ロシアのアルミニウムメーカー、UCルサールの株価が 1月の香港上場以来29%下落しているものの、「向こう2、3年」 に香港上場を目指すロシア企業は5-10社に上ると予想している。

香港取引所の夏佳理主席はブルームバーグテレビジョンのイン タビューに答え、「ロシアから5-10社が香港上場すると期待して いる」と述べ、「これはやや楽観的過ぎるだろうが、実現しても驚き ではない」と語った。

アルミニウムメーカーで世界最大手のルサールの株価は香港時 間18日午前11時19分(日本時間午後零時19分)現在、前日比

4.5%安の7.65香港ドル。同社は1月に香港で22億ドル(約2000 億円)規模の新規株式公開(IPO)を実施し、同月27日に香港市 場に上場した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE