三菱電:半導体担当の山西氏が社長昇格、下村氏は会長に(Update1)

三菱電機は18日、半導体・デ バイス担当の山西健一郎上席常務執行役(58)が社長に昇格する人 事を発表した。下村節宏社長(64)は会長に就任する。4月1日付。

下村氏は2006年4月に社長就任。出身部門である産業メカトロ ニクス事業などの収益強化を進める一方、携帯電話や洗濯機など不採 算事業からの撤退を進めた。世界的な不況に見舞われた09年3月期 に同社は大手電機で唯一、純利益を確保した。両氏は午後3時半から、 都内の本社で記者会見する。

4月から社長となる山西氏は1975年に三菱電入社。システムL SI製造などに携わった後、03年には工場などを技術面で支援する 生産技術センターのトップとなり、08年から上席常務執行役。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE