平野長官:内部留保課税検討、首相言い切っていない(Update1)

平野博文官房長官は18日午前 の記者会見で、鳩山由紀夫首相に共産党の志位和夫委員長に対して 企業の内部留保に対する課税の検討を表明したと伝えられているこ とについて「首相がそれを検討すると言い切ったとは思っていない」 と述べた。一方、専門家の中には、内部留保の削減がデフレ脱却の 鍵を握るとの指摘もある。

平野氏は、「もともと首相自身も特に中小の優遇税制などは今ま でも訴え、言及しているが、企業の内部留保に対する課税をかける ということは言っていない」と指摘。その上で、首相と志位氏との やり取りについて「多分、首相は税制として一般的に考えていかな ければならないことだからということで引き取られたのではないか」 との見方を示した。

これに対し、首相自身は18日夕、官邸で記者団に対し、内部留 保への課税について「そういうやり方なども検討課題だね、という ことにはなっている」と述べた。

18日の共産党の機関紙「しんぶん赤旗」電子版によると、同党 の志位和夫委員長は17日に国会内で鳩山首相と会談し、大企業の内 部留保を国民の暮らしに還元させる政策が必要だと指摘。首相は大 企業の内部留保に適正な課税を行うことも検討してみたい、と応じ たという。

首相は17日夜、官邸で記者団に対し、共産党の要望について「一 つ一つ具体的に言うつもりはないが、せっかく共産党が持ってきた 案なので検討してみましょうといったのは事実。 前向きとか後ろ向 きではなく検討しましょうということだ」と指摘していた。

究極のデフレ策

JPモルガン証券チーフストラテジストの北野一氏は18日発 表したレポートで、企業の内部留保について「課税をしてまで減ら すべきなのかどうかはともかく、内部留保の削減は日本経済にとっ てポジティブだと考えている」とコメントした。

北野氏は、「究極のデフレ策」と題する同リポートで、「日本が デフレから脱却するためには、日銀の量的緩和政策などよりも、企 業の資本政策、とりわけ内部留保の削減が鍵を握る」ことを挙げた。

一方、自民党の谷垣禎一総裁は18日午後の定例会見で、鳩山政 権の経済政策について「今の政権に一番欠けているのは、どう日本 経済を成長させるか、特に企業が健全に成長して発展していくとい う要素だ」と批判した。

--取材協力:坂巻幸子Editor: Hitoshi Sugimoto, Takeshi Awaji

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 広川高史 +81-3-3201-8641 thirokawa@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 東京 Bill Austin +81-3-3201-8952 billaustin@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE