中国は年内の元高容認を迫られる公算、輸出拡大で-アナリスト

中国の輸出が伸びることで、同国 に対し今年、人民元を徐々に上昇させるよう求める圧力が高まる可能 性がある。米国の2人の産業アナリストが指摘した。

元米通商代表部(USTR)高官で、現在は戦略国際問題研究所 (CSIS)の研究員を務めるチャールズ・フリーマン氏は17日のワ シントンでの会合で、「輸出が大幅に落ち込まない限り、今年は人民元 の上昇が予想される」と語った。

中国税関当局が10日発表したところによると、同国の1月の輸出 は前年同月比で2カ月連続の増加となり、1090億ドル(約9兆9200 億円)に達した。中国は昨年ドイツを抜き世界最大の輸出国となった が、世界経済が低迷するなか、中国政府は2008年7月以降、人民元を 1ドル=6.83元前後に維持している。それに先立つ3年間、中国は 16%の人民元上昇を容認していた。

米中ビジネス評議会のジョン・フリスビー代表は「中国に何らか の行動を迫る圧力が高まりつつある」と述べた。12月の輸出拡大は「人 民元の切り上げ再開が必要な中国政府を後押しするものだ」と指摘し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE