中国、人民元を来月5%切り上げも-英ブルーゴールドのジェン氏

中国は経済成長に伴うインフレ加 速を防ぐため、早ければ来月にも人民元の対ドル相場を5%上昇させ る公算が大きい-。英ブルーゴールド・キャピタル・マネジメントの マネジングディレクター、スティーブン・ジェン氏はこう予想する。

同氏はまた今週のインタビューで、中国当局は昨年10-12月期に 2年ぶりの高水準となる10.7%に達した国内総生産(GDP)の伸び を抑えるため、年内に利上げを実施する可能性もあるとの見方を示し た。中国人民銀行(中央銀行)は先週、融資抑制のため、今年2度目 の預金準備率引き上げを発表した。

15億ドル相当の資産運用に携わるジェン氏は「中国は適正な措置 を取っているが、これまでの政策だけでは不十分だ」と指摘。「これほ ど大きく、時として変動の激しい経済に対処するには、多角的な政策 対応が必要になる。われわれは利上げと為替政策の変更を見込んでい る」と語った。

中国は輸出を下支えするため、これまで人民元高の容認を拒んで きた。月間輸出額は昨年12月に増加に転じるまで、1年1カ月連続で 減少していた。

中国の前回の人民元切り上げは2005年7月21日。それまでのド ル・ペッグ(連動)制を廃止し、元を2.1%上昇させ1ドル=8.11元 とした。商務省の鐘山次官は今月8日、「人民元の安定は中国経済と世 界、双方にとって好ましい」との考えを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE