アジア株:もみ合い-輸出関連株が上昇、商品安で資源株は下げる

18日午前のアジア株式相場はもみ 合い。米経済指標を好感して輸出関連株が上昇する一方、金属価格の 下落を受けて資源株が下げている。オーストラリア航空最大手のカン タス航空は、2009年7-12月(上期)決算が市場予想を下回ったこと が嫌気された。

米国で住宅パネル販売最大手の豪ジェームズ・ハーディー・イン ダストリーズは1.5%の上昇。ホンダも値上がりした。一方、豪最大 の産金会社、ニュークレスト・マイニングは金価格の下落を受けて

2.1%の値下がり。カンタス航空は5.7%下げた。

MSCIアジア太平洋指数は、日本時間午前9時20分現在、前日 比0.1%安の118.17。前日は昨年11月以来の大幅高だった。各国中央 銀行が金融政策を引き締めるとの観測に加えて、ギリシャとスペイン、 ポルトガルの財政赤字抑制が難航するとの見方から、同指数は先月15 日に付けた1年5カ月ぶりの高値から8.2%下げている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE