オーストラリア経済は他の先進国に比べて良好-ロウ中銀総裁補佐

オーストラリア準備銀行(RBA、 中央銀行)のロウ総裁補佐は18日、同国経済は世界的なリセッショ ン(景気後退)から予想より速いペースで回復してきており、他の先 進国に比べかなり良好な状態にあるとの認識を示した。

ロウ総裁補佐はシドニーで開催された会議で、オーストラリア経 済について「他の多くの先進国と異なり、雇用はここにきて力強い伸 びを見せており、投資は引き続き高水準にある」と指摘。「商品相場の 上昇とアジア地域との結び付きもプラス材料となっている」と語った。

景気回復の兆しが増えるなかで、RBSに対する利上げ圧力は高 まっている。同中銀は昨年10-12月期に政策金利を3回引き上げ

3.75%としている。

ロウ氏は「先進諸国とアジア地域の双方に、当然リスクは存在す る」とした上で、「しかし、今後数年間のオーストラリア経済のメーン シナリオは引き続き明るいもので、直面する課題は他の先進諸国とは 大きく異なる種類のものである可能性が高い」と述べた。

RBAによると、オーストラリアは昨年2%程度のプラス成長を 達成したもよう。ロウ総裁補佐は「1年前に想定されていた水準より かなり良い数字だ」と語り、今後数年間は3.25-3.5%成長を予想す るとした今月発表の中銀見通しをあらためて示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE